流離の標
 
PBW「無限のファンタジア」「蒼空のフロンティア」「エンドブレイカー!」のPC&背後ブログ
 



単発
~説明~
1話完結

【蒼ふろ】今年一番のプレゼント

半年振りの地上は眩しかった。
薄暗かったザナドゥと違って、昼と夜がはっきりしてて。
夜にはこんなにもはっきり月が見えて。

放校された事実を聞かされた時は少なからずショックを受けはしたものの、
こうして何者にも脅かされずに
パートナー達と一緒にいられる時間がどれほどかけがえの無いものか。
今はその充足感だけで満ち足りている。他には何も望まない。
これ以上は、高望みというものだ。

「放校されちゃったもんは仕方ねーし。
……何とか、頑張るしかねーよな」

よっし、と気合を入れ直したところで玄関から声がする。

「土御門雲雀の住居はこちらか」
「えっ、あ、はい!」

厳しそうな男性の声だ。
何かやらかしたっけな……と嫌な予感を胸に恐る恐る声に応えて
玄関先まで迎えに出た。
教導団の国軍服をしっかりと着込んだ男性だった。

「あ、あの……あたし何かしました……?」
「団長命令により貴官の教導団への復帰を許可する。
並びに、以前剥奪した少尉の位も再び与えるものとする。
これがその書状である」
「………。……えええええッ!?!?」

事務的に述べられた事実が俄かには信じられず、男性から書状をひったくると
慌てて中身を確認する。
何やら固い文言ではあったが、確かに男性が言っていたような内容が書かれていた。

「あたし……教導団に帰っていいってこと……?」
「繰り返すが、これは団長命令である。至急ヒラニプラに帰還し任務に復帰されたし」

では、と連絡を終えると最後まで事務的な態度を崩さなかった男性は
さっさと住居を去ってしまった。

「……おめでと。土御門『少尉』?」
「ひああ!?だからいっつもいきなり囁くなっつってんだろ!!」

突然背後から現れたエルザルドに脊髄反射で右ストレートを極めると
受け取った書状を何度も何度も繰り返し読み返した。
そこにあるのは、パソコンで出力された事務連絡のみで
何の温度も感じられない文面である。
ただ。

(……また、団長に会える……あの人の傍にいても、いいんだ……!)

こみあげる想いのままに、連絡の手紙をぎゅうっと握りしめた。

「雲雀。嬉しいのはわかるけど、あんまりしわくちゃにしちゃうと
書状見せてくださいって言われた時に見せられないよ?」
「あああっ、ちょっとそれ先に言えよばかっ!!」

慌てて寄ってしまった皺を何とか伸ばすと、同居しているパートナー達に声をかける。


「さあ、皆帰るよ!――ヒラニプラへ!!」



12月31日(土)01:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】夢の跡形 桜の行く先

うっかりリアクションに滾ってしまったので
シナリオ「花魁夢芝居」その後など書いてみた。
自キャラオンリーだよ!
あとR18的な香りがほんのりするかも知れない。
当然ながらBLである。(正識×黒龍)
もいっちょ 俺得である(ここ大事←)

以上よろしければどぞぞい。
ページ置き場



12月14日(水)15:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「From | to _」

「L」の文字には2つの意味がある。
1つは、俺の名前。もう1つは…―

  *

「兄さんお腹すいた!」
「ごめん兄さんすぐ行かなきゃならないから何か適当に食べといて!」
「兄さんのば―」
「じゃあね!」

明らかに機嫌の悪い少女の声を無視して、彼は足早に去った。
妹とまともに会話をしなくなってもうどれくらいだろう。
少なくともこの1年は、同居していながら碌に顔も見ていない。
実際、彼は忙しかったのだ。寝る暇も食べる暇も惜しんで働き詰めだった。
自分の仕事と体を管理するだけで精一杯で。

―だから、気付かなかった。

元から妹がわがままだったこともあり、機嫌の悪さもさほど気にならなかった。
いつしか彼女が発する文句が少なくなって、語気に元気が無くなっても、
状況に慣れたのだろうと気に留めなかった。

―どうして、気付けなかったのか。

やっと頂点に立って家に戻った時、愛しい妹はそこにはいなかった。
あったのは、自分の帰りを待つように薄ら目を開いたまま横たわっている、
かつて彼女だったモノ。
虚ろなその目からは、涙の痕が見て取れた。


「ごめん…兄さん、遅かったね…。寂しかったね、……エリス。」


冷たくなった妹の体を、壊れてしまいそうなほど強く抱きしめた。


  *


「L」の文字の1つ目の意味は、俺(Elzard)の名前。
2つ目の意味は…かわいい妹(Elise)の名前。
もう寂しい思いをさせないように、ずっと一緒にいてあげるための文字。
エリスのわがままにはもう応えてあげられないけれど、
俺が関わる誰もが寂しい思いをしないでいいように。
君と同じ思いはさせないから。


ただし、これはエリスと兄さんだけの秘密だけどね。



8月25日(木)22:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「○月×日 きょうのゆめ」

「やあ…ッ!!」

あんまりに気分わるうて、真夜中に思わず飛び起きてもうたん。
息荒い。
せやけど、ここはいつもの部屋で、
今オレが寝とる二段ベッドの下にはヒバリがおる…はず…。

「……ヒバリ……?」

呼んでみるけど、声がかえってこおへん。
今まで見てた『ユメ』が怖うて怖うて、まともに声も出えへん。

「ヒバリ、…ヒ、バリ、……ヒバリ……っ」

すぐ下におるんやから、覗き見したらええだけやのに
それもでけへんのよ。
怖うて、怖うて、ベッドの柵にしがみついてるんが精一杯で……っ



「オレ、ヒバリを、…みんなを、消してまうよ……!」



* * * * *

散乱する血と肉と骨 咽返る程の血の匂い
瘴気を纏う≪黄昏の黄金の雷≫が音も無く空気を裂く
その場には余りに不似合いなほどに光り輝く魔導書には
屠った者の生き血をつけた漆黒の羽根ペンで
次々と記憶が記されていく
取り戻した過去の記録に新しい記録を足していく
記憶が追記されていく度、音無しの雷は降る
何度でも、何度でも
生ある者全てを屠り去るまで


その中央にいたのは
輝く黄金の髪に紅の美しい魔眼を持った
まるで雷の化身のような――



3月19日(土)01:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「仮初の契約」

葛葉のデュアルBUで再クリエイティブした設定を確立するためだけの
主に自分得な過去小話←
甘霖と葛葉。
幼少黒龍と【先生】(甘霖)が最後に会った日から。

ちなみに「甘霖」は中国語で「恵みの雨」な意味なのですよ。

==========

【仮初の契約】

その日は、『主』と彼が直接会う事のできる最後の日だった。

元々葛葉は黒龍と契約する為にパラミタからこの地へやってきたのだが、
幼い黒龍を未だ危険の多いパラミタへ行かせる事に反対した一人の男により
やむを得ず地球に留まっている。

葛葉とよく似た顔をした彼は、名を季 甘霖(ジ・ガンリン)と言った。

表向き、甘霖は黒龍の家庭教師という顔を持っており
知識や教育法も申し分なく、黒龍も甘霖にかなり懐いているようだった。
葛葉が甘霖に似ていることがその証である。

「先生…、まって、先生っ!」
「頑張れよ、黒龍。…また、な。」

追いかけようとする黒龍の手は空を切り、
甘霖は黒スーツの男に伴われてどこかへ連れて行かれた。

***

人通りの少ない裏通り。
甘霖を連れてきた男たちはそこでいきなり彼を解放すると行き止まりに追い詰め、
サイレンサー付きの小銃を向けた。

「…どういうことかな」
「お前が鏖殺寺院のスパイであることは調べがついている。
 御曹司に取り入って何をするつもりだった」
「…………」
「沈黙するか。ならばこのまま―」

「来い、【葛葉】!!」

甘霖が「葛葉」を呼ぶと、彼を囲んでいた男たちは一人残らず斬り伏せられていた。
後に残ったのは甘霖と、彼と瓜二つの顔を持つ光条兵器を手にした剣の花嫁
―【紫煙葛葉】の2人だけだ。

「本当は俺自身が光条兵器を使えればこんな事にはならないんだがな。」
「俺の剣の主はお前が置き去りにした彼だけだ。お前との契約は「仮」に過ぎない。」
「わかってるさ。…実質、契約というかただの協力、だな。」

葛葉とよく似た顔で、甘霖は苦笑した。

彼の表の顔は、家庭教師。
しかしてその裏の顔は、鏖殺寺院のスパイの一員であったのだ。
黒龍のいる天財閥へ家庭教師として潜りこんだのも、
財閥の御曹司に信頼される事で将来的に安定した財源を得る為であった。
それを察知した財閥側に今消されようとしていた所を、
「契約」と称して協力関係にある葛葉に助けられたというわけである。

ただし、甘霖は契約者ではない。葛葉とはあくまで協力しているだけである。
葛葉は既に黒龍と契約しているが、黒龍がパラミタへ向かうにはまだ幼い。
故に、彼が成長するまでの期間限定で
葛葉は剣の花嫁としての力を甘霖の為に振るう事になったのだった。
それが鏖殺寺院の手先として働く事であるのが、
葛葉としては唯一気にかかる点ではあったが。

「お前の気が進まないのは知ってる。
 だがこれは必要なことなんだ。…あの子が安心して暮らせる世界にするためにも。」
「……奴らはシャンバラを滅ぼした。鏖殺寺院に、そんな意志は無い。
 お前がこのままでいいとは、俺は思わない。」
「…まあ、お前もそのうちわかるさ。いくぞ葛葉。」

複雑な思いをそれぞれの胸に、2人は路地裏を後にした。



1月16日(日)20:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「おかえり」








今日も今日とてお留守番。
空はこないにええ天気やけど、おるすばん。

でも、あんま寂しないんよ?
やって、もうじき帰ってくるもん。

…ほら。
ヒバリとサラマンディアの声。
おかえりーって言いに行くんがオレの仕事やもん。

「おつかれさま」「どないやったん?」
「怪我とかせんかった?」

いっぱいいっぱい喋って

「お前はいつも元気だな」って、
サラマンディアが頭撫でてくれるの好きなんよ。
おっきなあったかい手で、くしゃってしてくれるんよ。
あれ、めっちゃ好きやの。

ほな、そろそろ行ってこな!



 おかえり!





5月3日(月)00:56 | トラックバック(0) | コメント(2) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「永の生」








「しっかし見事なまでに真っ白だなお前。」
『オレ、もっといろんなこと知っとったはずやのに……』

はあ、と肩を落として溜息をつくのは小さな少女。
正確にはその正体は魔導書『不滅の雷』である。
しかし魔導書という種族にそぐわず彼女の本体は学習帳程度の薄さしか無く、
その中身も大半が白紙という状態である。

『あれからな、オレずっと考えてたんよ。
 なんでこないに思い出せんのやろ、薄っぺらいんやろて……
 このままやったら、オレただの役立たずやもん……』
「んな事ぁ無えと思うけどな、俺は。」

ぱらぱらと彼女の本体である魔導書のページをめくるのは
精霊であるサラマンディア。

「チビに見つけられる前の事は、ほんっとに何も覚えてねえのか?」
『…わからん……ずっと、寝とったような気がする……』
(…封印、てやつか?)

魔導書をめくり、彼女への問いを繰り返しながら
サラマンディアはひとつの可能性に辿りついた。
禁書として封印を施されていたのではないかと。
そして万が一誰かの手に渡った時は、
封印によって本の内容が消え去る仕組みであった、と。
ちなみにチビとは彼らの契約相手である土御門雲雀のことだ。

「まあ、お前ら禁書ってのは何かしらヤバい魔術を記した魔術書であることは確かだ。
 お前もその内記憶を思い出せるようになるって。」

魔導書を閉じ、人型である『不滅の雷』―カグラと呼ばれている―へ返そうとしたが
彼女はなぜか受け取ろうとしない。

「どうした?」
『……よう、思い出せへんのやけど、
 …こんなこと、結構繰り返してきた気がするんよ。
 誰かに見つけられて、ちょっとずつ思い出して、
 しばらく眠った後でまた誰かに見つけられて、そしたら全部忘れてもうて……』
「お前、自分がいつできたか思い出せるか。」
『………めっちゃ昔。それくらいしか思い出せへん……』
「……。」

(表紙の文字からして1000年以上は前に書かれたモンだとは思うんだけどな…)

長い時を生きてきたサラマンディアにはそれがわかった。
それほど昔に生み出されていながら、
何度も目覚めと眠りを繰り返している。そして記憶の喪失……。

「俺の推測でしかねえけど。」
『…?』
「さっきも言ったが禁書ってのはヤバい魔術を記した書だ。
 大体の禁書は間違ってその魔術が発動しないように封印が施されてる。
 お前の場合は、多分持ち主が死ぬ度に眠っちまうんだよ。
 んで、眠ってる間は全部の記憶を覚えてるんだけど
 次の持ち主の手に渡った途端…目覚めと当時に記憶が無くなる。
 今お前が薄っぺらでほとんど白紙なのは、
 まだチビと契約して間も無えからじゃねえか?」

隣りのカグラの様子を見てみれば、なぜか不安に青ざめた顔をしていた。

『……オレの持ち主、何人も死んでるん…?オレのせい…?』
「そこまではわからねえよ。
 つーか、1000年も生きてりゃ何事も無くても人間の方が先にくたばるってもんだぜ。
 お前はその本体が無事な限りはいつまでも生きられるけどな。」

『…ヒバリ、も…先に、死ぬ?』
「…だろうな。あいつはただの人間だ。」
『……オレ、また全部忘れる……?』
「……俺の予想が合ってれば、そういう事になるな。」

彼らの契約相手である雲雀は、契約者であるとは言え
地球人である以上その寿命までしか生きられない。
長くてもせいぜい100年前後。
それがタイムリミットだ。

『忘れたく、ない……っ いやや、また忘れるんいやや…っ!
 またわからんくなるん、いやや!
 やっとちょっとずつ思い出せたのに、また忘れるんいやや…!!』

ひたすらいやいやを繰り返す内に泣き始めてしまった彼女。
同じく死の概念がない種族であるサラマンディアにとって
彼女の悲しみはわからないではなかった。
長い時を生き続ける自分達にとって、一個人の一生の何と短い事か。
彼女が再び全ての記憶を失う日も、そう遠くは無いのだろう。
あくまで、自分達の時間概念では、だが。

サラマンディアは彼女の肩を抱き寄せると言った。

「俺が覚えててやるよ。だから泣くんじゃねえ。」

『精霊、さん…』
「チビも、あの守護天使の野郎もいずれは寿命が来る。
 でも俺は何が起こっても死なねえ。
 精霊ってのはそういう種族だからな。」
『……』
「だから、俺がお前の事を全部覚えててやるよ。
 いつかお前がチビの次の契約者に渡って、全部の記憶を忘れちまっても、
 …俺が全部教えてやるから。」
『でも、そしたら精霊さんはもう森には戻れへんよ…』
「ハッ、どうせ厄介者扱いされて俺も封印されてたんだ。今更森には戻れねえよ。」

ずっと覚えててやる、と、彼はカグラの頭をくしゃりと撫でた。

『精霊、さん……っ』
「だから泣くなって。
 それとその呼び方やめろ、俺にはサラマンディアって名前がある。」
『サラマン、ディア……

 ありが、とう………』

泣きながら、小さな彼女は笑った。



4月10日(土)01:17 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】「君の目の色」

君の瞳に 映る

 僕は 何色ですか――





今夜は何て月が綺麗なんだろう。
こんな日は早くに寝てしまうのは惜しい。
しばらくの間、あの月の輝きにこの筑を和していたいな。


静かな夜 響く琴線
沖天から降り注ぐ月光
まだ、春と呼ぶには少し肌寒い季節だけれど

これくらいの寒さの方が 僕にはちょうどいい。

ほんの少し肌寒い夜。
冴え渡る月に酒杯を捧げる。
名前を呼んで、歌を乞えば、愛しい歌声が月光に響く。
筑の音を和すれば、生ずる楽は何よりも甘く――


――そして、気付く。


この世界に、「君」はいない。

誰より愛しい、僕の「歌」はいない。

君の名を呼んで、歌を乞うても、応えるのは夜風の寂しい風音だけ。


   「      ……」

それでも、こんな夜だから。
君の名を呼ばずにはいられない。
君の歌が恋しくて仕方がなくなる。
君の笑顔が、涙が、声が、……君、が。

こうなることは、わかっていたのに。
彼をナラカに残して、僕だけが現世に戻るということは、
……こういうことなんだと、わかっていたはずなのに。
少し寂しさを含んだ、彼のいつもの笑顔に送り出されて、
…僕も、彼との別れは寂しくてたまらなかったはずなのに。


それでも。


「ん……」

「…起こしちゃったかな。」


この道を選んだことは、後悔してない。
底の見えない深い闇をその瞳に映した、まだまだ小さな小皇帝。
彼の孤独を、今度こそはずっと傍で癒せるように。

「…私は、あなたを恨んではいません。
 生涯あなたの傍に在ると、お誓いいたします。」

小皇帝の安らかな寝息に、小さな誓いを立てる。
あなたが二度と孤独の海に沈まないように。
それが、今の僕の存在理由なのだから。


……       。

僕の知音には、今の僕が…どんな風に見えているのかな。
「しょうがない奴だな」と、…いつもみたいに、笑っていて欲しいな。



3月31日(水)14:37 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】炎雷の鳴り響く

「なあ、ほんとにお前ついてきてだいじょぶなの。」

自分の前を行く赤い男に尋ねる。

「何言ってんだ、イルミンスールの禁書探すんだろ?
 そこのタラシよりも俺の方が役立つと思うぜ。
 伊達に古代から生きてねえしな。」

振り返りそう答えた男の目は、自信に満ち溢れたものだった。


*********************

書いてたらくそ長くなったので追記へ←
ひばりんと新規LC2人との出会い。
炎熱精霊のサラマンディアと魔導書の『不滅の雷』ことカグラたんですよ。



3月22日(月)19:25 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理

【蒼ふろ】後日、報告にて

「……」
「集計するのに随分時間かかったらしいけど、それが今回の報告書らしいよ。」
「……っ」
「どうしたの、雲雀。君が望んでいた優先権は一応獲得できたよ。」

それは、各校別の被害報告書。
特に雲雀自身も妨害に加わった蒼空学園の被害は甚大だった。

「なあ、エル。」
「ん?」
「……死者、って……、嘘だろ……?」
「そんな縁起でもない嘘を報告書に載せてどうするの。」

ダークヴァルキリーの寝所で妨害をした生徒の顔を思い出す。
怪我人も突き飛ばした記憶がある。

「だって、あたしはっ」
「君が望んだ結果だよ。
教導団が優先権を得るには、対立勢力を削るしかない。」
「違うっ!あたしはただ…!」
「団長の役に立ちたかった。教導団をこけにしたヴィルヘルムが許せなかった。
…君が辿りついた結果が、これだよ。」

整った顔立ちの唇からは、淡々と事実のみが紡がれる。

「…あたしは、ただ……、……こんな、はずじゃ…っ
 死なせるなんて、そんな、こと…、…っ」

「ねえ、雲雀。」

自室の床にへたり込んで、肩を震わせて嗚咽をもらす雲雀に
エルザルドはこの日初めて優しく声をかける。

「君がここへどれほどの覚悟で入ったのかは、俺が一番よく知ってるよ。
 軍事学校だから君には合わないってあれほど言ったのに
君は聞かなかったしねえ…」
「だ、って……っ」
「わかってるよ。
 思い込んだら一直線、雲雀のそんな所も好きだけどね。
 本当に団長のことを想うなら、行動する前にちょっとだけ考えてくれないかな。」
「……っ、うぅ……」

罪の意識に苛まれているのであろう雲雀の頭をぽん、と軽く撫でると
エルザルドは言った。

「ね、雲雀。」
「……。」
「団長のこと好き?」
「………っ//////」

膝を抱えて涙に震えていた小さな頭が、こくりと一度だけ頷いた。



2月2日(火)12:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | 単発 | 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン