流離の標
 
PBW「無限のファンタジア」「蒼空のフロンティア」「エンドブレイカー!」のPC&背後ブログ
 



verdammte Rose
~説明~
2人の紫薔薇と赤百合と

verdammte Rose 1

目の奥まで焼き付くんじゃないか、ってくらい
眩しい光が見えた一瞬後。

「ビジー!!危ない!!!」

振り向く時間すら無いまま、後ろにいたはずの彼女が僕の前に出てきて

巨大な雷の龍が、咆哮をあげながら飛び去って行く。
僕を庇った彼女の、体を焼き尽くしながら。
熱さと、痛みと、その衝撃に悲鳴をあげながらも、
彼女はそこから動く事はなくて。

…その一瞬が終わった後、意識を無くした彼女は海上へと落ちていく。

「……!! リコス!!!」

慌てて抱きあげても、何の反応もしてくれない。
綺麗だった体の、あちこちに雷龍の傷跡が刻まれていて。
…息をしてるかも、わからなくて。

 あ……   あ、……


 これは、しってる
   僕が見たくなかったものだ

 こうなっちゃ、いけなかったんだ
   そう、彼女をこうしないために、僕はあの時


     リコ、ス……


その後はよく覚えてない。
ただ、ぼくじゃないだれかが、こう言ってたことだけ覚えてる…


僕の百合を、よくもこんな姿にしてくれたね。
お前たちにはもう、死んで詫びるしか道がないんだよ。

元がドラゴンだった事なんてわからないくらい、切り刻んでやる。





12月23日(火)13:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | verdammte Rose | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 楽天市場 | FX自動売買