流離の標
 
PBW「無限のファンタジア」「蒼空のフロンティア」「エンドブレイカー!」のPC&背後ブログ
 



天上の鳥は高らかに歌い(完)
~説明~
ジェイドの竪琴に関する話

天上の鳥は高らかに歌い 2(完)

「そいつは、ただの楽器じゃない。魔楽器ってやつでね。
 力のある冒険者が奏でれば武器にもなる、魔力のこもった竪琴だ。」
「・・・・ロンファ、私は――」
「かつて。」

こちらに話す隙を与えずに、立て続けに話し続けるロンファ。
・・・いや、話す隙を与えないと言うよりは、
彼女自身が一息で話してしまいたいだけであるようにも見えたが。
彼女の意図を感じて、大人しく続く言葉を待つことにした。

「この一座から冒険者が旅立った事があるんだよ。やっぱり吟遊詩人でね。
 ・・・・でもそいつ、二度と帰って来なかった。
 そいつが持って行った竪琴だけが、・・・戦場跡で見つかって。
 ・・・・・風の噂で、そいつ・・・、列強との戦争に参加したんだ、って・・・」

勝気な彼女には似合わず、やや震えた声。
まっすぐこちらを向いている目は、心なしか潤んでいるようにも見える。
それでも目を逸らさないのは、
彼女のプライドがそうする事を許さないのだろう。
・・・こんな、最愛の人すら守れなかった情けない男相手に。
妹分を奪われた姉貴分が、目を逸らすなんて事は。

「戦争なんて、できっこないのにさ・・・優しいやつだったから・・・」

それでもついに感情を抑えきれないのか、
すすり泣く声と涙を拭うような仕草。
きっとその誰かは、彼女にとって大切な人間だったのだろう。
尤も、自分にとっては知る由も無いが。

「・・・まさか、この竪琴・・・・」
「・・・そうだよ。主の代わりに、ここまで帰って来たあいつの相棒だ。」

気を強く持ち直して涙を拭い、まっすぐにこちらを見つめる彼女。

「縁起が悪い、なんて言わせないよ。
 あんたには絶対、これを持って行ってもらうから。」

ずい、と半ば押しつけるように彼女は竪琴を差し出す。
しかし、持ち主が帰ってこなかった魔楽器など、
縁起が悪くなくて何だと言うのだ。

「・・・何があっても、絶対死ぬな。生き延びろ。
 もうこいつを、一人にしてやるな。」

竪琴を持つ手に力を込めながら彼女は続ける。

「魔楽器だからなのか知らないけど、主を選ぶんだ、こいつ。
 気に入らない主に奏でられても、いい声では歌わない。
 ・・・・あいつがいなくなってから、誰もこいつをうまく弾けなくて、
 「彼女」があんたに弾かせるまで、ずっと楽屋の奥で眠ってたのさ。」

でも、と。
彼女はこちらの目を見ながら訴えた。

「あんたの手でなら、こいつは歌える。
 吟遊詩人としてのあんたに相棒にしてもらえるなら、
 こいつもきっと本望だから。
 ・・・・・連れてってやってくれよ。」

・・・・・あの子が生きてても、

・・・・・きっと笑ってそう言うだろうから。

***************

「さ・・・て。次はどこへ行こうかねえ。」

宛ても無く気ままに旅する楽師は、
次に己の楽を欲する相手を求めて、今日も旅立つ。

「・・・ね、カーラ。」

その昔お前を愛してくれた人と。
お前を愛してくれた人の帰りを待ち続けた人と。
・・・私と、お前の両方を愛してくれた人と。

たくさんの人の想いを乗せて、
天上の鳥(カラヴィンカ)は高らかに歌い続ける。



11月19日(月)10:31 | トラックバック(0) | コメント(0) | 天上の鳥は高らかに歌い(完) | 管理

天上の鳥は高らかに歌い 1

最後の一音の響きが消えるのを待って、
彼はようやく竪琴を奏でていた手を下ろした。

「・・・ありがとう。今日も、良かったよ。カーラ。」

労いの言葉をかけながら彼が撫でているのは、
今しがたカーラと呼びかけた竪琴である。
吟遊詩人である彼、ジェイドの欠かせない相棒となっている魔楽器だ。
「カーラ」は愛称で、正しくはその名を「カラヴィンカ」という。
美しい声で歌う天上の鳥の名の由来通りに、
カーラは奏でられる度に聴衆と、主の心を満たしていた。

・・・ただ、主にだけは。
その心を満たすと同時に、ほんの僅かな戒めをも同時に与えるのだった。

***********************

「それ、あんたにやるよ。」

連れてこられたのは楽師一座の楽屋。
目の前では髪に大輪の椿の華を咲かせた、
色黒のドリアッドの女性が机の上に独特な竪琴を置いて
ぶっきらぼうにそう言った。

「ロン、ファ?」
「冒険者・・・吟遊詩人になったんだろ?あの武人から聞いた。」

武人―クアンのことか。
そう頻繁ではなかったが、
彼がこの一座の人間と話す機会が結構あったのは確かだ。
そしてこの女性―ロンファは、「彼女」の姉貴分にあたる女性。
・・・・・その「彼女」は、先日、自分が―――

「ジェ・イ・ド。質問には答えな、なったのかなってないのか。」

自分を責めかけた所で、目の前のロンファの声で現実に戻る。
姉御肌である彼女のきっぱりとした強い語調は、
今の自分にとっては唯々、つらいものでしかなかった。

「・・・なったよ。」
「冒険者の吟遊詩人がどういう職か知らないわけじゃないだろ?
 ・・・・だから、これは餞別。」

こちらの声に力が無いのは敢えて無視したのか、彼女は淡々と告げた。

「・・・・・・・」

正直、その竪琴を手に取るのはためらわれた。
「彼女」が生前、楽器などろくに触れた事も無かった自分に
嬉々としてその奏法を教えてくれたのが、この竪琴だ。
・・・・・「彼女」との思い出が、詰まっているから。
竪琴に収まり切らない想いが、溢れ出ているから。
いくら餞別でも、触れることすらできなかった。

愛しい「彼女」を、想い出さずにはいられない。
自分のせいで喪ってしまった「彼女」を、悔やまずにはいられない。

竪琴に手を出せずにいると、彼女は続いて言葉を紡いだ。



11月19日(月)01:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | 天上の鳥は高らかに歌い(完) | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買