流離の標
 
PBW「無限のファンタジア」「蒼空のフロンティア」「エンドブレイカー!」のPC&背後ブログ
 



Lumen Maris
~説明~
南方セイレーン移住前にジェイド里帰り編。

Lumen Maris 蒼海に一閃の陽光

通い慣れた酒場の通りを抜け、市場に出る。
間近に迫ったというワイルドファイアへの移住の準備の為か、
彼の故郷である南方セイレーンのこの街も随分賑わっていた。
女王様の話では、移住するのは人だけで、建物はこのまま同盟に引き渡されるのだと言う。

「…少し、寂しい気もするけどね。」

故郷に戻ってくるのは久し振りだった。
しかし、元々不老種族である彼らセイレーンの時の流れは遅く、
記憶に残る建物には、ほとんどの場合記憶のままの人物の顔がある。
甘い果実を売る看板娘も、変わらない美貌と美しい声で客を呼んでいた。
「兄さん、おひとつどう?」
「私より、その実はあんたに食べて貰った方が役得だと思うよ、お嬢ちゃん。」
「あらお上手なのね。」
くすくす、と笑みを交わして店を過ぎる。

目指すは――この街から少し離れた、白亜の屋敷。

眩しく煌めく太陽の光を跳ね返すのは、
屋敷を囲むように流れる川。
この大きな白亜の屋敷は、川の中に建っているという表現が正しいだろう。
陸地から、屋敷の門へ続く飛び石を渡って、門から更に飛び石を渡って庭へ着く。
とにかく、見渡す限りの水である。

「……できれば二度と戻ってくるつもりは無かったけどねえ……」

とん、とんと軽い足取りで飛び石を行けば、突然の来訪者に門番が反応する。

「何の用だ、今日は御客人の御用は聞いていないぞ。」
「おっと失礼。怪しい者じゃないよ。
 ジェイド・エストナって名前の吟遊詩人さ。」
さらりと名乗っても、門番は表情を険しくするばかり。
「吟遊…っ、冒険者であろうとその様な御用は聞いていない!帰れ!」

(……ったく、あのくそ親父。)

門番の融通の利かなさに嫌気が差して、こんな事もあろうかと持参してきた物を出す。

Lumen Maris――「海の光」の名を持つ蒼い刀身の剣は、
この家の者のみが所持する事を許される物である。

「!? その剣は!?」
「四の五の言わずにとっとと通しな!
 放蕩の勘当息子が帰ってきたって伝えれば、あの頑固親父だって嫌でもわかるだろうよ!」
「……っ、は、早くお伝えしろ!」

主人の元に走り去っていく門番を目で追ってから、彼は堂々と荘厳な門を入って行く。



7月29日(火)21:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | Lumen Maris | 管理


(1/1ページ)


楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS
パスキット | 地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器