流離の標
 
PBW「無限のファンタジア」「蒼空のフロンティア」「エンドブレイカー!」のPC&背後ブログ
 



遭遇前夜(完)
~説明~
ハニエルとの遭遇前夜。

遭遇前夜 3(完)

「・・・昔、知り合いに似たような奴がいたから、
 ちょっと思い出してただけだよ。」

すぐにいつもの笑顔に戻り、その場をやり過ごすジェイド。

「そ、そうかい・・・そういう事だったら良いんだが・・・」
「心配かけたなら悪かったね。」
言いながらジェイドはマスターに一杯注いだ。
「・・・で、どうだいジェイドさん。行ってみるかい?」
「・・・・そうだねえ・・・・・」
複雑な思いが、ジェイドの思考を支配する。

もしその歌姫が 彼女と瓜二つのセイレーンだったら。

・・・・駄目だ、いつもの私でいられる自信がない・・・・

しかしそんなジェイドの懸念は
エルフの男によって一瞬にして払拭された。
「あー・・・でも一部の噂じゃその『歌姫』、
 女装した男だって話もあるらしいぜ・・・?」
ぶっ と盛大に噴いたのはジェイドであった。
「ほ、ほんとかい・・・?」
「いや確かな話かどうかはわからねえけどな?」
「そりゃ無いだろう!?俺は別嬪さんだって聞いたぞ!?」
「俺だって知らねえよ本当のところは!!」

エルフとマスターのちょっとした口論を傍目に見ながら、
ジェイドは考えていた。

――そうだね。
男のセイレーンが女装して『歌姫』やってる事も少なくない。
実際そっちの方が仕事が来るって話も聞いたし。

でも、男だとしても噂を聞く限りじゃ彼女と瓜二つ。
・・・・・・・・・。

「・・・・・行って、みようかねえ。」
「「は?」」
いつの間にか口論から取っ組み合いになりかけていた二人が、
互いの襟首を掴んだままジェイドに振り向く。

「その『歌姫』、会いたくなった。」

その顔は、決まって彼が楽しい事を考えるときにする笑顔だった。

「マスター、店の名前は?」

「―――バー・ブルームーンだ。」


――例え瓜二つだったとしても。
男でも、女でも。

例え「ジェイド・エストナ」が躊躇っても。

「吟遊詩人ジェイド」は、その『歌姫』に会いたい。



10月10日(水)12:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | 遭遇前夜(完) | 管理

遭遇前夜 2

「しっかしジェイドは何で吟遊詩人なのに剣なんて持ってんだよ?」

客も少なくなってきたころ、
いつしか例のエルフの卓にジェイドとマスターが加わり、
軽い飲み会になっていた。
そんな中、エルフの男がジェイドの杯に酒を注ぎながら
そんな事を聞いたのだった。
確かに、ジェイドはいつも相棒の竪琴「カラヴィンカ」の他に
派手な装いに隠れかけてはいるが細身の剣を佩いている。

「俺も実は前から気になってたんだよな。持ってても使わないだろ?」
マスターも便乗すれば、ジェイドはやんわりと笑みを返す。
「馬ー鹿、吟遊詩人だからこそいるんだよ。
 こーんなひ弱な男が一人で歩いてたら、
 いつ襲われるかわからないだろ?」
杯の酒を飲み干してエルフに軽くウィンクを送ると、
ジェイドの双方から男達がぶっと噴き出した。
「どこがひ弱だ、このウワバミ!!」
「1日で酒樽3つも空ける奴のどこがだよ!このザル!!」
「おや手厳しいねえ。」

二人の全力のツッコミをひらひらとかわす。
もちろん、彼が剣を佩く理由は他にあるのだが
再会を喜ぶこの場においてそれを話すのは良くない。
場の空気を壊してしまうし、興ざめだ。
それよりも、こうして面白おかしく話をでっちあげて、
皆で大笑いできるほうが良い。
―――吟遊詩人ジェイド・エストナとは、そういう男であった。

「ああそうだジェイドさん、俺が言うのもなんだが、
 隣街の酒場の噂知ってるかい?」
「何だいそれは。」
マスターの話に興味を持ったジェイドが、彼の方へ体を向けた。
「なかなかいい店でね。店自体ももちろん良いんだが、
 特に評判なのはそこの『歌姫』だって話だ。」
「・・・・歌、姫。」
一瞬ジェイドの表情が強張ったのには気づかずに、
マスターは話を続けた。
「俺はまだ直接会った事は無いんだが、セイレーンの別嬪さんだって話だ!
 加えてこの歌がまたいいんだとか・・・!
 聞いた奴の話じゃ、心に染みるとか、一日聞いても飽きないとか、
 もうそりゃあ結構な噂で・・・・ってジェイドさん?」
「ジェイド?どうしたおっかねえ顔して。」

その 噂。

「・・・・・いや、何でも・・・・」

聞けば 聞くほど。

出会った頃の 彼女の話に 瓜二つで。



どうしてまだ。
私は有り得ない事を期待してしまうのだろう。



10月10日(水)11:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 遭遇前夜(完) | 管理

遭遇前夜 1

「へいらっしゃい!・・・おお、あんたか!」
「おや覚えてくれてたのかい。嬉しいねえ!」
「一度見たら忘れねえよあんたの格好はよ!」
「ふっ そうかもね。」
酒場のマスターと客-ジェイドは久々の再会を喜んで
互いに大声で笑った。

酒場はそれなりに繁盛しているようだった。
客の入りもまあまあ。肴の味も悪くない。
「はいよ!あんたは確かこれで良かったよな?」
「よく覚えてるねえ・・・!」
「ま、それだけが俺の取り柄だったからな!」
ニカッと笑うと、マスターはまた客の注文を取りに他所の卓へ回った。

「・・・前に来た時はまだほんの若造だったあいつがねえ・・・・」

運ばれてきた肴をつまみながらその様子を眺めるジェイド。
以前、初めて彼がこの店を訪れた時には、
今マスターとして店を切り盛りしているあの男はまだ見習いで、
怖そうな顔をした先代マスターの後ろについて走り回っていたのを
ジェイドは覚えていた。
しかし、セイレーンが精神年齢でしか肉体が年を取らないのに対して、
一部の種族を除いては年月と共に年老いていく種族が多い。
自分はさほど年を取ってはいないが、
そういった種族の知り合いの変化を見ると、
改めて種族の違いを感じさせられた。

他の卓を見回してみれば、やはり記憶からは年を食っている
当時の常連客の顔が見えた。
「おーい!そこの洒落た帽子かぶったエルフの兄さん!
 ・・・・あんただよあんた、そこのあんた!
 私の顔に見覚えは、ないかい?」
突然呼びかけられた中年のエルフはしばらく驚いた顔をしていたが、
やがて思い出したのか「あああ!!」と大声を上げた。
「ジェイドか!?戻ってきたのか!?」
「んー、ここの肴が恋しくなってね。
 あと、あんたの金で飲む酒は格別だから♪」
「お・・・・お前またおれにたかるのか!?」
「私たちの仲だろー?」
「待ってくれこれ以上酒場で金使うとうちのコレが・・・!」
右小指を上げながらうろたえるエルフに対して、ジェイドはその小指を
まじまじと見ていた。
「あんた、所帯持ったのかい!いやーめでたいねえ♪」
「怖い女だけどな・・・」
妻の顔を思い出したのかエルフが怯えたような振りをする。
「・・・・ま、そう言ってやるなよ。
 そういう事ならあんたには頼まないから。」
「そうしてくれると助かるよ・・・・・」
情けなく背を丸めるエルフに、ジェイドは心からのエールをこめて
ぽんぽんと背中を叩いた。

「あージェイドさんは俺の奢りにしとくから!気にすんなよ!」
カウンターの向こうから大声で言ったのは他ならぬマスター自身であった。
「おや、いいのかい?またあの強面の親父にどやされるよ?」
ニヤニヤと含み笑いを浮かべながら言うジェイドだったが、
反応は意外なものだった。
「親父なら5年前に死んじまったよ!だから俺がマスターやってんだし。」
手元を休ませることなく、相変わらずの大声で言ってのけるマスター。
「あ・・・すまなかったね。気悪くさせちまったなら、許しとくれ。」
「いいっていいって!ほら飲んだ飲んだ!」
どんな言葉にも気さくに、笑顔で返してくれる。
それが、このマスターの好きなところだった。



10月10日(水)11:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | 遭遇前夜(完) | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | 楽天市場 | FX自動売買 | 禁断のケーキ